「アジアで最も豊かな国」から転落した日本

GNP シンガポール アジアでもっとも豊かな国
アジアでもっとも豊な国 シンガポールの夕暮れ

何を基準にして、豊と言うかは別ですが、IMF(国際通貨基金)の調べでは、日本のGDP(国内総生産)は、シンガポールに抜かれ、日本をアジアで一番豊かな国とは、もうこれ以上、言えなくなるようです。
しかし、そんな事は、もう過去の話です。

1994年には、日本人の一人あたりGDPは、世界一でした。
しかし、昨年は、第17位、そして今年は、21位まで転落。

このまま日本の経済力が落ちれば、もう何年か先には、日本人がアジアの経済大国、シンガポールや中国に出稼ぎに出ると言う日もそう遠くないような気もします。

↓無料で英語の勉強ができるメルマガ↓


ブログランキング参加中。ポッチとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

JUGEMテーマ:アジア

5 thoughts on “「アジアで最も豊かな国」から転落した日本”

  1. 右京さん、旅人さん
    コメントありがとうございます。
    この記事はあまりに乱暴みたいですね。
    確かにそう思いますので一部修正させていただきます。
    これからも宜しくお願いいたします。

  2. 明るい北朝鮮!シンガポールは国というよりも会社だろう。また、ひとりあたりGDPでいえば、カタールや場はレーン、ブルネオのほうがうえでは?

  3. シンガポ-ルが豊かになれたのは判るきがします。皆さん仕事や人間関係を大事にし尊敬と尊重しています。日本人は虐めるられやすい人間を徹底的に虐め学校や社会でも無視威張るあることないことの陰口日本人女性の男性に対する職業蔑視や日本人どうしのいがみ合い技術者の育成無し創価学会や池田大作の暴力団との繋がり覚醒剤等在日特権を報道しません。日本の国を悪くする人々はいい生活をし人間関係が上手くいっているのに日本の国をよくしようとしている人々は貧しく馬鹿にされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です