やっぱり海外就職のススメ

海外で生活しているせいか、海外贔屓をして、日本を悲観的にみている傾向が自分にはあります。
なので、よくこの海外就職ブログのコメントでもよく批判をされますが、あくまで個人のブログで個人の思っていること、考えていることを書いているので、予めご了承ください。

さて、前回の記事で書いたように日本のGDPランキングは、今後下がっていく一方。
高齢化、少子化も進み、さらに特に移民政策を取るわけでもない日本。明らかにマーケットは縮小していくばかりです。
そう考えると、やっぱり早いうちに日本を出て、海外でも生きていける術を身に着ける事で、この先、可能性が益々広がると自分では思っています。

例えば、日本のデパートの高島屋。

高島屋5カ年計画(2010-2014)によると、日本国内投資430億円に対してアジア海外投資420億円です。アジアへの投資と日本国内の投資額は、ほぼ同額です。

それだけ、海外進出に力を入れています。

また、日本の家電メーカーのパナソニック。日本のメーカーですが、新卒採用1390人の内訳は、日本人の採用は、わずかに290人しかおらず、進出先の海外での採用は、1100人と約80%は海外で外国人を雇用予定

日本と海外では役割が違うので、雇用の数だけでは比べられませんが、やっぱり日本の存在がどんどん薄くなっていっています。

次から次へと海外進出する日系企業。日本の企業にとって、円高のうちに海外進出を完了させないと、将来はないような気がするというのは、確かです。

世界中どこにいても英語が必要です。無料で英会話を勉強しましょう。
あなたの英語に対する考え方を一変させる、
一度、読んだら忘れられない無料メールセミナーの詳細はこちらから⇒





ブログランキング参加中。ポッチとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

1 thought on “やっぱり海外就職のススメ”

  1. 2050年でも高齢化社会・産業空洞化の日本が高ランクに位置していることだけでも評価できますよね。人口一億そこそこで。海外就職なんてのは、もはやあたりまえかも。現地採用だとしても側面で日本社会を支えていると思うと、勇気凛々かな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です