タイでの面接試験 【面接で聞かれること】

以前にタイでの面接担当としての体験談を書きました。

応募してくる人は、いろいろと個性豊かな人が多いと書きましたが、今回は、面接者(志願者)ではなく、海外(タイ)の面接官の話。

もちろん、タイの面接官も応募者に負けじと個性豊かな人、変わった人?が多いと思います。

その1.タイに来た理由にやたらこだわる面接官。

タイに来た理由、タイで働きたい理由は人それぞれですが、かなりそこにこだわる面接官が居ます。

面接官:なぜタイで働きたいのですか?


応募者:はい。タイの文化に興味を持って、住んでみたいと思いました。

そして、いかなる理由を聞いても、その理由を必ず否定する面接官。

面接官:実際住んでみると、わかると思いますが、そんなに甘いもんじゃないんですよね。本当は、他にタイに住みたい理由あるんじゃないですか?

自分としては、しっかりしている人と判断できれば、タイに来た、理由なんてこだわる必要無いと思います。

その2.学歴、偏差値にこだわる面接官

学歴、出身校にこだわる面接官が居ます。

面接官:○○高校は、偏差値どれぐらいですか?、○○大学は、一般入試ですか、推薦ですか?

応募者が、30歳、40歳の人にこんな質問してもまったくもって意味が無いと思います。10年も前の偏差値でいったいこの人の何がわかるのでしょうか?

こんな質問を応募者にしているのは、
すべて自分の会社の面接担当者だったりします。

恥ずかしい。。。。。

■関連記事
海外の面接 【海外転職の面接術】
海外の面接 【海外転職の面接術】 その2
海外の面接 【海外転職の面接術】 その3

↓無料で英語の勉強ができるメルマガ↓


ブログランキング参加中。ポッチとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ

JUGEMテーマ:アジア

2 thoughts on “タイでの面接試験 【面接で聞かれること】”

  1. へ~え、面白いですね。外資系企業でも、一般的なこととは別に色々なことを聞かれますよ。
    1.職場にはオカマやゲイが多くいるが、どう思うか?又、日本ではどんな職業に従事しているのか?
    2.欧米男性は好きか?
    笑っちゃうけど、全て実体験です。オカマやバイセクシャルは能力・資質が高く、仕事熱心で語学力があるので、マネージメントに占める割合が多い-私の上司や同僚もそうです。
    又、欧米人男性との結婚・婿探し目的で外資系企業に応募してくる人がいるらしい…本気で仕事してくれるか見極めているそうですよ!
    今では、私も時々面接に参加していますよ!

  2. 外資系でも外資系ならではの質問があるんですね。
    ゲイ関係の質問が堂々されているのも日本じゃ考えられないですね。でもそれほどオープンと言うことかもしれません。
    ホテル関係の仕事もオカマの仕事のレベルが高いと言われているようです。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です