タイ求人募集!高待遇案件を探す方法

タイに住んでいる日本人の数は、4万人。この数字は大使館に残留届けを出している人の数なので実際には、6万人とも7万人とも言われています。

タイに住んでいる4万人のうちの9割以上は、現地採用や駐在員、研究員などとしてタイで働いている人です。タイは一般的に物価が安い国として日本では知られていますが、実際に物価が安いだけあり、現地採用として働く場合、給料も安いことで知られています。

タイ現地で働く人の給料

常にバンコクで募集している日本人向けコールセンターの月給は、時給200Bスタート、月収例:32000からです。日本円にすると8万4千円程度です。※1バーツ2.6円計算

また、一般的な日本人現地採用の給料は、5万バーツと言われています。日本円にすると13万2円程度です。

13万円でも物価が安いタイでは日本より贅沢な暮らしができるといわれることもありますが、あくまでもタイ人、ローカルとして生活した場合には、贅沢ができると考えられる程度で日本人として海外で暮らし、日本食を食べたり休暇で日本に帰国したりという生活は、5万バーツの給料では決して楽ではありません。

タイでもっと高所得の仕事に就くには

それは、とても簡単、日本でタイ駐在案件を見つけることです。

一般的に駐在員とは、会社の命令でどこの国に赴任するかわからないと思われがちですが、そうではなく予め国を限定して駐在員候補を募集する会社も多くあります。

そういった会社の求人を見つければ、予め希望の国での高待遇の職に就くことができる可能性があります。

タイ海外駐在求人の探し方

■ 職安(ハローワーク

職安で勤務地を海外に絞って検索すると予め国を指定した海外の駐在員募集の求人を見つけることができます。

■ 日本の大手求人サイト(リクナビenジャパンなど)

日本の求人サイトにも海外勤務の求人が多くでています。そういった求人に応募すれば、現地で就職活動をするよりも高待遇の駐在案件が見つかることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です