マレーシア クアラルンプール 格安旅行 【その3】

マレーシア クアラルンプールの日常生活

マレーシア クアラルンプール 格安旅行の最終章です。過去のクアラルンプールまでの道のりは、こちらを読んでください。

マレーシア クアラルンプール 格安旅行 【その1】
マレーシア クアラルンプール 格安旅行 【その2】

プーケットから2泊3日のマレーシア旅行。エアーエイジアでわずか399バーツ(1200円)でチケットをとったもののお約束のフライトの遅れで、クアラルンプールのホテルについたのは、夜10時でした。

ホテルは、ネットですぐ空室が確認できるオクトパストラベルでとりました。



インスタント予約が売りなので、空室があるホテルをその場で予約できます。

そして翌日よりクアラルンプール観光の開始です。朝、9時ホテルを出て、有名なツインタワーに行きました。ここは、朝無料で展望台へのチケットが配られてます。しかし、完全予約制のため、朝早く行ってチケットをもらう必要があります。

朝、9時半につきましては、自分の展望台に行ける時間は、4時半でした。チケットさえ手にすれば、あとは指定される時間に行けば良いです。

まず、10時の開店と同時に、KLツインタワーの中に入ってる紀伊国屋(伊勢丹内)に行き、地球の歩き方 マレーシアを立ち読みし、頭にたたき込み、そこから観光をはじめました。

クアラルンプールの観光スポット ツインタワーからのクアラルンプールの町並み

きっと郊外に行けばもっと見所はあると思いますが、市内観光だったら1日で十分です。ブラブラとクアラルンプールの主要観光地を歩き回り、そしてチャイナタウンへ行きました。

今回のもっともお目当て、日本語のDVDを買うためです。プーケットには、もちろん日本のDVDは売ってません。たまにVCDがありますが、タイ語に吹き替えられてます。

そしてどれを買うか悩んだ末、日本のドラマを何本か買い、4時半にツインタワーに戻り、ツインタワーからクアラルンプールを眺め、夜は、ホテルの近くで足裏治療院とかなんとか書いてある足ツボマッサージを受けました。

マレーシアは、今回2回目。クアラルンプールは初めてですが、印象は、英語が通じる。これに限ります。

マレーシアには、主にマレー系、中華系、インド系の3つの人種がすんでいてここら辺は、お隣シンガポールと変わりませんが、むしろ、シンガポール人よりもマレーシア人の方が英語できるのでは無いかとさえ感じました。

そんな、こんなでわずか2泊3日。行きと帰りは、一切観光してないので事実1日のみのクアラルンプールでしたが、それなりに楽しかったです。

プーケットで働き初めて2年。行った海外旅行先は、
■ カンボジア

■ シンガポール

■ マレーシア

■ ラオス

■ ベトナム

タイでの給料は、安いですが、お休み、有給が気軽に取れること、周辺のアジア諸国に気軽に行ける事が何よりのメリットです。アジアで海外就職。旅行好きには、特にお勧めです。



海外に行く前に無料で英語を勉強しましょう。
海外に行ってからでは遅いです。



海外就職している人のブログを探してみましょう。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

2 thoughts on “マレーシア クアラルンプール 格安旅行 【その3】”

  1. 私もエアーエイジアで行きました。
    でも旅行ではなくビザトリップで・・・(TT)
    でもプーケットに居てマレーシアに行くと、ビルを見るだけでワクワクしちゃいます♪
    ここにはない“お買い物”もできるし!!
    や近いけれどもプーケットとは全然違う街の雰囲気。
    食べ物もプーケットとは違うものが楽しめますよね~?

  2. ほんとにそうですね。プーケットからマレーシアやバンコクに行くと、高いビルがあって大都会に感動します。いつもキョロキョロしながら歩いてます。
    でも、やっぱ、プーケットに戻ってくると、良いですよね。空港の職員がスースーするやつを鼻につっこんでたり、堂々とカウンターの下で勤務中にご飯食べてたり。。。離れるとまたタイが新鮮に感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です