世界同時不況とタイの不況

アメリカの金融不安から始まった世界同時不況

タイの雇用状況は、どうかというと。。。

不況まっしぐらです。

タイには、自動車産業を始め、世界のあらゆる産業の工場がタイ各地にあります。
アメリカを始め、日本、ヨーロッパが不況になれば、もちろん、生産は減ってしまいます。
生産が減るということは、そのタイの工場で働く社員は、仕事がなくなります。

特に、工場系で働くタイ人は、今まで残業をして、その残業代を計算して生活費に充ててる人が多いです。

その入ってくる予定の残業がなくなり、さらに仕事がなくなりと、、、不況が更なる不況を呼び、現在、タイでは、あらゆる事件が起きるだろうと予想されてます。

まずは、こんなニュースが。。。

不況で野良犬、捨て犬が急増。

動物好き、ペット好きなタイ人ですが、不況になり、ペットがお寺に捨てられるケースが多発しているそうです。
とある、タイのお寺では、2,3匹だった野良犬が、現在40匹に。

不況でもお寺の住職さんは、犬の世話で忙しいようです。

そして、次にこんなニュースが。。。

タイ偽札が出回る。

不況の深刻化を受け、タイ全土で大量の偽札が出回り始めているそうです。1000バーツ紙幣の受け取りを拒否する市場や商店の経営者が続出する騒ぎになっているそうです。

そして、次に噂されているのが、ひったくりや強盗が増えること、街が治安が悪くなることです。
不況で職を失ったり、お金に困っている人が急増しているので、治安が悪くなることが予想されてます。

人気のない通りや、夜のタクシーには、注意しましょう。。。

タイでの仕事、求人も現在、一気に減ったような気がします。これからタイで就職活動、転職活動をする方は、長期戦になることが予想されます。(自分???)

★★★ ブログランキング参加中。★★★
ポッチとお願いします!ポッチ。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

↓無料で英語の勉強ができるメルマガ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です