我慢こそ日本人の美徳?【日本就職と海外就職】

前回の 残業は美徳?【日本就職と海外就職】に続いてのここが変だよ日本人シリーズです。
ただ、日本人が変と言っても、自分の主観で思ったことを書いているので、本当にそれが変なのか、それとも、それを変と思う、自分が変なのかはわかりませんのでご了承ください。

我慢や忍耐こそ、日本人の美徳?

例えば、会社から無理難題や、勝手なルールを決められても、その決められたルールに従い、

「しょうがない」「仕方がない」

などと言いながら我慢をするのは、日本人だけのような気がします。

例えば、残業代は払いません。

サービス残業ってと良くある話と思いますが、法律で残業代の支給についての取り決めがあります。そんな法律があっても、会社は、平気で法律を無視して独自の社内ルールを作ります。
ものすごく変ですが、これに対しても仕方ないといって、我慢するのは、日本の象徴です。

しかし、一般的に海外では違います。

従業員だからと言って、すべて会社のルールに従わなければならいないという訳ではありません。
もちろん、業種や、仕事の内容によるかと思いますが、前の会社のドイツ人社員は、突然、もう一人のドイツ人が会社をやめてしまい、仕事が回らなくなりました。

日本人だったら、自慢の勤勉さと忍耐強さを活かして、一人で夜中までせっせと処理をするところですが、

こちらの方は、何事も無かったように定時になったら、帰宅します。

それでも、上司に文句を言い、こんなに忙しいのは、マネージメントのせいだと怒ります。

一人社員が退職しただけで、業務が回らない環境を作ったマネージメントの責任だと本人に言い放ちとっと帰っていきます。

きっと、日本人がこの話を聞いたら、なんてこのドイツ人は、責任感がないんだと思うかも知れません。

しかし、本当に責任感がないのは、実は、会社なのです。業務に支障が出てしまう環境を作っているのは、会社です。

これでも本当に日本人の我慢強さや忍耐力は、美徳なのでしょうか?

3 thoughts on “我慢こそ日本人の美徳?【日本就職と海外就職】”

  1. はじめまして。海外での情報を探っていて
    このブログにたどり着きました。
    おっしゃっている日本人のこととドイツ人の話。よくわかります。
    どうも最近よく思うのは日本人はがんばりすぎる
    のではないかということ。
    漁師の方が原油価格高騰でとてもじゃない
    けれどやっていけないということになって漁をいっせいにやめたという日がありましたが、
    それまでやればやるほど赤字になるのに
    彼らはいろいろな思いを胸に秘めながら
    がんばっていました。
    私なんかはそういったことをしているから、
    都市の消費者はリアルに漁業関係者の
    置かれている状況を肌感覚で理解できなかっ
    たのではないかと思いましたね。
    もう企業努力ではどうしようもない状況で
    休んでしまったほうがいいとなってお魚が
    スーパーに並ばなくなってようやく大都市の
    消費者は事の重大さに気づくような気がします。
    他人や組織のためにがんばることをあまりに
    も評価しすぎている世の中である気がします。

  2. こんにちは。
    今の会社に入られてどれくらい経ちましたか?
    結構不満が溜まってきているようですが、大丈夫ですか?
    とりあえず僕も最近分かってきたのですが、タイで現地就職する場合、満足のいく仕事なんて多分99%ないです。
    だから仕事以外でここに居続ける理由を見つけない限りかならず数年で限界が来るはずです。
    あとは自分でビジネスをするしかないですが、それで破産している人もたくさんいるでしょうからリスクも高いですね。

  3. yasu さん
    コメント有り難うございます。そうですね、漁師の件もそうですが、他にも過労死など、過労死して初めてその人の大変が伝わる世の中。。。そんなに頑張らなくてもいいのにと思いますが、やっぱりこれも日本社会特有の悪い一面なんだと思います。
    hideさん
    コメントありがとうございます。確かに、満足がいく仕事を得るは、難しいですね。やっぱり何を優先して、何を我慢するかだと思ってきました。
    これからも宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です