海外就職を目指せの記事

新卒で海外就職した方がいい人

前回まで2回にわたり紹介した新卒で海外就職。基本的に海外で新卒でも就職できる仕事というのは、スキルを問わない誰でも就職可能な仕事が大半のようです。そういった就職先で数年働いても日本に帰っても、現地で他の仕事に転職しようと思っても、なかなか難しいのが現状です。
はやり日本で一度、職歴を積んで、それから海外就職しても遅くないというのが大半の海外就職経験者から意見です。

過去の新卒で海外就職の記事は、こちらをお読みください。
■ 新卒で海外就職に就職する危険性
■ 新卒で海外就職のススメ
でも、本日は、それでもやっぱり新卒で海外就職した方がいいと思うケースがあります。

新卒で海外就職した方がいいと思う人
■ 海外の現地の大学を卒業した人
アメリカなど欧米では、現地の大学を卒業すると1年間のプラクティカルトレーニングビザ(研修ビザ)など現地の労働ビザ取得が有利になるなどあります。
現地で学んだ知識を生かして、その国で働いてみたいと思うのは当然だと思います。また、欧米の場合には、一度日本で就職して再度、現地で仕事をしたいと思ってもなかなかビザの面などハードルが高いと思います。

せっかく海外の学校で地元の人と対等に争い勉強し卒業したのであれば、新卒でも、そのまま現地で就職をしてみるのもいいと思います。

以上、新卒で海外就職というと色々賛否はありますが、はやり語学も仕事のスキルも専門知識もないまま、海外でいきなり働くのは、危険です。

でも「語学」、「専門知識」、「仕事のスキル」、この中のいずれかが海外でも現地の人と対等に勝負できると思ったら、そのときは、日本や外国など、国を気にせず、自分の就職したい国で海外就職をオススメします。

3回に渡って紹介した新卒での海外就職についてでした。

海外就職に備えて、ビジネス英語を無料でマスター!
↓↓↓



無料メールマガジンで学べる英会話!英語ができれば世界が広がります




あなたの英語に対する考え方を一変させる、
一度、読んだら忘れられない無料メールセミナーの詳細はこちらから⇒

3 thoughts on “新卒で海外就職した方がいい人”

  1. はじめまして。いつもブログ読んでいます。
    hiroといいます。
    私は新卒ではなく、職歴1年なのですが
    よく職歴2年以上は日本でつんだほうがいい。
    といいますが1年ではダメなのでしょうか?
    日本で職歴といっても、新卒でも内定率は低く
    就職できない人も少なくありません、仕事がない。
    仮にできたとしても
    パートや派遣社員…。またスキルもろくに身につかない。
    仕事は夜遅くまで残業、休日もなし…。
    そうなると、たとえ新卒であっても職歴が少なくても
    海外に出て英語を身に着けて
    または専門学校で専門分野を学んで海外で仕事を
    …という方向に走ってしまいます。

  2. 個人的な意見でアドバイスになるかわかりませんが、やはり日本の会社を1年で退職となると経験と評価されることは難しいと思います。あともう一年ぐらい日本で継続して働くと、後に海外に出た後、より就職先が広がると思います。
    個人的な意見なのでアドバイスになるかわかりませんが、せっかく日本で得た仕事でもありますし、海外で生活することを目標にあと1年日本で頑張ってみるというのも悪くなかったと思える日がいずれくると思います。

  3. 海外の現地で大学を出た人に加えて、専門性が高いことでしょうか?
    海外新卒でのし上がっていくには専門性が不可欠です。
    バリバリの文系新卒の行き着く先はやっぱり日系の現地採用。
    外資は即戦力重視だから、経験者を取りますからね。
    日系で駐在に見下されて嫌になって、帰国する人は多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です