日本からの海外への就職活動 【実践編】

さて、海外就職の仕方です。

海外で働きたい場合には、やはりその国に直接行って就職活動するのが一番手っ取り早いです。

しかし、今の時代には、インターネットがあるので日本からでも海外への就職活動が可能です。

日本から海外の仕事に応募するためには、まず、海外の求人募集を探さなければなりません。代表的な海外の求人サイトとしては、アルクの国際派就職というページがあります。

その中で新着順に海外の求人を検索する事ができます。このアルクの海外求人の良いところは、ほとんどの求人が現在、日本に住んでいる方を対象とした募集のため、日本で面接を受けることができたり、会社が全面的にビザを手配してくれる求人が多いです。

アルクは、求人を載せているサイトとなりますので、気に入った仕事の求人を見つけたら、自分でメールで応募します。

その他には、働きたい現地の人材派遣会社へ登録する方法があります。

こちらも普通は、インターネット上からは仮登録となり、正式に求人募集を紹介してもらうには、現地へ登録に行く必要があります。

今回の自分の海外への転職活動は、この企業に直接応募するタイプと派遣会社を通じて紹介してもらうタイプの2種類に応募しました。

ここからは、海外就職 実践編です。

まずは、色々サイトで調べても求人募集はしてませんでしたが、前から自分の興味を持っている会社に空きがないか問い合わせをしてみました。ついでに勝手に履歴書も添付しておきました。

すべて英文メールですが、「英文履歴書 サンプル」と検索すると、大量のテンプレートが出てくるので、それにちょっと文章を書き加えるだけで簡単です。

————————————
採用担当者様

以前より御社に興味を持ってます。
もし○○のポジションに空きがありましたら
連絡してください。

————————————

Eメールでこのように人事に送ると、数日後、電話がかかってきました!

詳しくは、次回、英語電話面接編にて。

============================

海外に行く前に無料で英語を勉強しましょう。
海外に行ってからでは遅いです。



4 thoughts on “日本からの海外への就職活動 【実践編】”

  1. 管理人さん、スゴいですね!
    今回の海外就職実践編、大変参考になりました。
    私は御年37才のサラリーマンですが、いつか海外(上海かバンコク)で働きたいと思いつつ、毎日会社勤めに励んでいます。
    日本で10年過ごせるだけの貯蓄(3000万円)ができたら上海かバンコクに渡るのが理想なのですが、来年には貯蓄額が上記の半分に到達するので、そのタイミングで動いてみたい気持ちもあります。
    日本企業でサラリーマンをする最大のメリットは、倹約に努めれば毎月安定した貯蓄ができることです。
    それがあるので、ホント悩むトコロです。
    よかったら、メールでやり取りさせていただけませんか?
    よろしくお願いいたします。

  2. 幻夜 さん
    コメント有り難うございます。やっぱり、現地採用ですから、給料が安くあまり志願者がいないんだと思います。
    貯金が半分に到達するなんてスゴイ!です。自分の貯金なんてゼロに近いです。だんだん笑いごとではなくなってきてしました。。。
    posted by 海外就職を目指せ! の海外就職を目指せ!と言う文字をクリック頂けますと、メールが送れるようにさせて頂きました。
    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  3. 貯蓄については、「貯まれば貯まる程、自由に近づく」と思って実践してるので、それほど苦にはなりません。(年300万目標)
    海外は給料は安いですが、物価も安いので、日本で稼いで海外で暮らす戦略で考えてます。
    管理人さんは、もしかしたらまた海外に行ってしまうんですかね?
    お互い頑張りましょう!

  4. 幻夜さん
    メッセージありがとうございます。
    日本で稼いで海外で暮らす。海外に住んでいる日本人は、みんなこれが一番と良く言ってました。自分もこれからは、少しでも貯金しようと思ってます。
    これからもお互い頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です