海外で働く社会人として適正

最近のタイ、バンコクは暑くもなく、寒くもなく、雨もそんなに多くもなく、デモもなく、インフルエンザもそこまで騒がれおらず、平和な日々です。

さて、前回、自分の海外での転職活動について記事を書いた際に、


「海外で働くのは向かないのでは?日本に帰った方がいいのでは?」
とコメントを頂きました。

※現在、上記の記事は非公開にしてます。

自分は人事ではありませんが、同じ部署の面接には自分が参加します。

前回、日本で働いた約1年間とタイで働いてきた1年間。トータルで50名以上の履歴書をみてきました。内20人以上は、今まで面接に立ち会ったと思います。

海外で働く適正って何でしょうか。

ふと、こんな事を考えるようになりました。

でも、実際、一般的に言うと、海外で働く適正や日本で働く適正に違いは、あまりないような気がします。

日本で色々な経験がある人は、海外の会社でも柔軟に何でも対応できる人が多いです。

一方、日本で社会経験がない人や、バイトなど正社員経験がない人は、人柄や適正の前に海外で就職活動をしてもなかなか職を得るのが難しいと思います。

ただ、例えば、スキル的に海外の方が評価されるスキルを持っている、年齢的に日本より海外の方が就職しやすい。または、その逆というのは、あります。

でも結局の所は、日本で就職が難しい人は、海外に来ても就職は難しい。
一方、海外で就職が難しい人は、日本に帰ったからといっても、日本での就職が難しい。

これは、結構当たっていると思います。

そう考えると、どこに行っても長続きしない。転職を繰り返す。自分。

問題なのは、働いている国ではなく、自分自身なのでした。。。(汗)

☆★海外に行く前に海外傷害保険付き
楽天カード
の加入をお忘れ無く!

ブログランキング参加中。ポッチとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

3 thoughts on “海外で働く社会人として適正”

  1. そーですねー、確かにそのスパイラルはありますかね。
    でも、日本人で居続けることには付きまとってしまうでしょうね。
    しかし、ほぼ外国人の状態で居れれば、
    そのスパイラルからは外れれる気がします。
    例えばアメリカでグリーンカード取得とかね。
    ま、これは恐ろしく困難な条件ですけれどもwww
    海外で働く適正の真骨頂は、
    日本人社会でもないところで生きていける
    スキルと魂があるかどうかじゃないですかね。

  2. いつも楽しく拝見させてもらっています。
    海外で働く適正って日本の基準と違うと思います。
    海外の日系で働く場合はまったく日本と同じでしょうけど。
    管理人さんって、日系に向いてないのかも。
    権利を主張して、交渉の末勝ち取るっている姿勢は日本では嫌われますから。
    もう日系企業で働くのやめたらどうですか?

  3. takiさん
    コメント有賀とうございます。
    日本人社会で無いところでも生きていけるスキル。これは凄いですね。自分は、日本人だからこそ海外で働くことができているので、そういう人に憧れます。
    doonさん
    コメントありがとうございます。確かにそうですね。外資と日系を一緒にしてはダメでした。自分は今までずっと外資系だったので、確かにこういった日系の出る釘は打たれるというような環境ではなかったのだと思います。次の就職先こそは、じっくり考えようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です