香港の永住権取得方法

過去に何度かアメリカやニュージーランド、オーストラリア、シンガポールなどの永住権の取得方法について紹介してきましたが、今回は、香港です。

香港は、1997年にイギリスから中華人民共和国へ返還されましたが、一国二制度の採用により2047年まで資本主義のシステムをとり続けていたり、ビザや永住についても中国とはルールが異なります。

香港の永住権取得方法は、大まかに2つあります。

■1つ目は、合法的なビザで7年間香港に滞在することにより永住権が申請できます。
7年間の滞在は、就労、投資、家族滞在のいずれかの在留資格で滞在した場合です。

■2つ目は、投資移民ビザによる永住権申請です。その投資に必要な金額は、約1億円です。

アメリカの永住権は、抽選だったり、特別なスキルがないと厳しかったり、ニュージーランドやオーストラリアなどの永住権は、ポイント制なので、その時々に条件がことなったりですが、現在の所、香港の永住権は、現地採用として正規にビザを取得し7年間働けば、問題なく取れるといわれているようです。

香港に永住してみたいという方は、まず現地採用で働いてみるのが良いと思います。

以上、知ってるようで、あまり知られていない香港の永住権取得方法でした。

◆関連記事
ニュージーランド移住と永住権申請
アメリカ移住 [永住権の当選結果]

どこの国で働くにしても、英語ができたら、怖いものなし!

無料英語レッスン。オススメです!



ブログランキング参加中。ポッチとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

JUGEMテーマ:海外生活
JUGEMテーマ:アジア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です