海外就職を目指せの記事

騙されてはいけない海外南国暮らしのすすめ【動画付】

まだまだ日本でも人気の海外ロングステイ。世界の各国には、退職者向けに長期滞在を可能とするビザを出す国があり、そういった国での生活ぶりを紹介する雑誌やテレビ番組も増えています。

海外ロングステイが紹介されていた「世界不思議発見!75分スペシャル海外南国暮らしのすすめ」というテレビ番組をネットで見ました。

海外ロングステー特集

海外ロングステイ先として人気のセブ、マレーシア、タイの特集でした。そしてシンガポールへ移住した人のお話も含まれています。

こういった実際に海外の現地で生活している人の話しを聞くと、なんともうらやましい生活をしていて、是非、海外でロングステイしてみたい!と思わせる内容ですが、、、

実際に現地での生活は、どうでしょうか。。。。

鵜呑みにしてはいけないメディアで紹介されるロングステイ

あくまでもインタビューを受けている人は、ロングステイされている方の数千人のうちの一人に過ぎません。一般的な方とは大きく異なることもあります。

実際にタイやシンガポールに住んでいる人からすると特に今回の番組は???と思う人も多いと思います。
例えば、シンガポールで生活されている元番組レポーターの発言。

「シンガポールには長期滞在ビザがないのでこっちで仕事をして住まいはマレーシアという人もいます」

本当にびっくりする内容だと思います。実際にそのレポートの方はシンガポールに住んでいるといっています。長期ビザがないのにどうやって本人は住んでいるのでしょうか。

シンガポールには、確かにリタイアメント用の長期ビザというのは現在ありません。しかし、ンガポールで働いている場合には、もちろん、労働許可を申請の上、長期ビザもあります。その配偶者にも一定条件を満たせば、長期滞在ビザがおります。

もし仮にシンガポールでビザが下りず、マレーシアに住んで、シンガポールまで通っているという日本人がいるのであれば、シンガポールで合法的に働いているとはいえないと思います。

番組でいわれるシンガポールでビザがないので、マレーシアに住んでシンガポールで仕事をしている日本人が本当にいるのかはわかりませんが、今まで聞いたことは一度もありません。

チェンマイなら夫婦で1日1000円で生活できる???

チェンマイにロングステイをされている方の話では、「チェンマイでの食費は夫婦で1日1000円」と話ていました。

日本に比べると、大変物価が安く感じられるタイですが、たとえチェンマイでも夫婦で1日1000円の食費で生活している人がどれだけいるのだろうかと率直に思います。

恐らくチェンマイに日本人夫婦でロングステイされている中の1割未満の方ではないかと思います。

元々、多くのロングステイの方が、物価が安いアジアの国で日本での生活よりも金銭的にもゆとりを持った生活をしたいという思いがあり、移住してくる方が多いと思いますが、果たして紹介された1000円の生活でゆとりを感じられるのか疑問に残ります。

せっかくロングステイをしているのであれば、ワインやお酒を片手に色々な国の料理を楽しんだり、たまには、ちゃんとした日本料理だって食べたくなると思います。

夫婦でこういう店に行けば、たとえチェンマイでも一人1000円でも足りません。

チェンマイで夫婦二人で1000円の食費というのは嘘ではないと思いますが、決してロングステイをしている方の平均的な食費ではないと思います。

決して今回の番組が嘘だとか事実と異なるということではなく、紹介されている方の例は、ほんの一例に過ぎないということです。

ロングステイについては色々な番組や雑誌、ネット上で紹介されていますが、ロングステイといっても色々な方が色々な形で海外生活を送っているので、一つの情報を鵜呑みにせず、いろんな情報をまとめて自分なりに調べるのが一番ではないかと思います。

※ご紹介させていただく動画やリンクは、記事アップ時に有効なものであり、場合によりすでに削除されていることがございます。予めご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です