仕事に直接関係ないけど海外の面接で有利なる3つのポイント

[:ja]就職の面接では、スキルや過去の経験がマッチすることがもちろん最も大事ですが、スキルや経験とは関係なく、意外なところで海外の面接では、好印象を与えることができるポイントがあります。本日は、意外に役立つ海外での面接のポイント紹介。

1. 当たり前だけど10分以上前に到着している

日本でももちろん当たり前ですが、面接の時間に送れるのは問答無用。海外は、ルーズだからとか、初めてのオフィスに行くから、時間が読めず遅れてしまうなんてこともあるかもしれませんが、時間を守るのが日本人。そして、その日本人を日本向のビジネス拡大のために探しているのが会社。

時間には、相当余裕を持って、10分前には面接が開始できるぐらいの勢いで到着して日本人の時間の正確さをアピールしましょう。

2. 趣味は、エクササイズと答える

海外では日本以上にフィットネスに通ったり、ジョギングを趣味にしている人が多いです。またこの傾向は、所得が高い人や役職が高い人ほど多い傾向です。

面接で趣味を聞かれたり、雑談をする機会があったら、間違いなく常日頃、何かしらのエクササイズをしていることをアピールしましょう。間違っても趣味は、寝ること、食べること、買い物、なんて海外の面接では、答えてはいけません。

フィットネスに行ったり、ジョギングをしたりして意識的に体調を管理していることをアピールすることによって、この人は、体調管理が出来る人、自己管理(セルフコントロール)が出来る人と思わせることが面接でプラスへとなります。

3. タバコの臭いは完全に消して面接に挑む

日本でも年々喫煙者の肩身が狭くなっていますが、海外、特に東南アジアでは、喫煙者に対して良い印象を持っている人は少ないです。

緊張の面接の前に、一服。なんて思いがちですが、喫煙者が少ない海外の会社では、タバコの臭いは、結構鼻につきます。特に面接は、密室で行われるので、余計に臭いが漂ってきます。

タバコを吸っていますかとあからさまに質問されて、吸っていると答えることで面接がダメになることはないと思いますが、喫煙に関しては、エクサイズの習慣と同じように、自己の管理能力と結びつける面接官も多いです。

喫煙者は、面接の前には、必ず完全にタバコの臭いを消してから面接会場に入りましょう。

以上、仕事に直接関係ないけど、意外に大切な海外での面接のポイントでした。

[:en][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text]

就職の面接では、スキルや過去の経験がマッチすることがもちろん最も大事ですが、スキルや経験とは関係なく、意外なところで海外の面接では、好印象を与えることができるポイントがあります。本日は、意外に役立つ海外での面接のポイント紹介。

[/vc_column_text][vc_text_titles title=”1. 当たり前だけど10分以上前に到着している” title_type=”h3″ page_title_type=”v1″ title_align=”left”][vc_column_text]

日本でももちろん当たり前ですが、面接の時間に送れるのは問答無用。海外は、ルーズだからとか、初めてのオフィスに行くから、時間が読めず遅れてしまうなんてこともあるかもしれませんが、時間を守るのが日本人。そして、その日本人を日本向のビジネス拡大のために探しているのが会社。

時間には、相当余裕を持って、10分前には面接が開始できるぐらいの勢いで到着して日本人の時間の正確さをアピールしましょう。

[/vc_column_text][vc_text_titles title=”2. 趣味は、エクササイズと答える” title_type=”h3″ page_title_type=”v1″ title_align=”left”][vc_column_text]

海外では日本以上にフィットネスに通ったり、ジョギングを趣味にしている人が多いです。またこの傾向は、所得が高い人や役職が高い人ほど多い傾向です。

面接で趣味を聞かれたり、雑談をする機会があったら、間違いなく常日頃、何かしらのエクササイズをしていることをアピールしましょう。間違っても趣味は、寝ること、食べること、買い物、なんて海外の面接では、答えてはいけません。

フィットネスに行ったり、ジョギングをしたりして意識的に体調を管理していることをアピールすることによって、この人は、体調管理が出来る人、自己管理(セルフコントロール)が出来る人と思わせることが面接でプラスへとなります。

[/vc_column_text][vc_text_titles title=”3. タバコの臭いは完全に消して面接に挑む” title_type=”h3″ page_title_type=”v1″ title_align=”left”][vc_column_text]

日本でも年々喫煙者の肩身が狭くなっていますが、海外、特に東南アジアでは、喫煙者に対して良い印象を持っている人は少ないです。

緊張の面接の前に、一服。なんて思いがちですが、喫煙者が少ない海外の会社では、タバコの臭いは、結構鼻につきます。特に面接は、密室で行われるので、余計に臭いが漂ってきます。

タバコを吸っていますかとあからさまに質問されて、吸っていると答えることで面接がダメになることはないと思いますが、喫煙に関しては、エクサイズの習慣と同じように、自己の管理能力と結びつける面接官も多いです。

喫煙者は、面接の前には、必ず完全にタバコの臭いを消してから面接会場に入りましょう。

[/vc_column_text][vc_column_text]

以上、仕事に直接関係ないけど、意外に大切な海外での面接のポイントでした。

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][:]

すべての記事, 海外就職情報