プロフィール

詳細プロフィール

40代になったばかりの独身男性です。日本のバブルは、中学生の時に崩壊し、かと言って団塊の世代を親に持つ僕達の世代は、子供の数は多いのに、今ほど大学も多くなかったため、今では想像できないかもしれませんが、それなりに勉強しないと現役で大学に入るのは大変で浪人が当たり前の時代でした。

そんな中、僕もどうにか現役で都内近郊の今で言うFラン大学(今じゃなくても昔から底辺と言われていました笑)に入ったものの当時は、新卒氷河期時代の真っ只中で新卒で内定を手に入れるためには、エントリシートを50枚、100枚と出すのが普通だった時代でした。

卒業後の明るいサラリーマン生活は想像できず、大学入学前から卒業は海外留学すると決めていました。学校にはほとんど行かず、サークル、ゼミにも所属しない幽霊学生でしたが、どうにか4年で卒業し海外へ留学しました。留学先は、当時、最も日本人がいないニュージーランドを選び、また自分の中でも限られた期間の留学だったため、日本人とはできる限り距離を置いたせいか、普通の人よりは短期間で英語ができるようになったと思います。

9ヶ月の留学生活を終え、日本に帰国したもののなかなか第二新卒に希望するような職種の求人はなく、約1年間、塾講師をしながら仕事を探しました。有り余る時間の中、この先、どこの国にいっても働ける仕事はなにかと考え続け、答えがでたのが国境がないインターネットという世界でした。

当時、昼はコツコツと本を読みながらHTMLを勉強しホームページ作成ができるようになった頃、その当時は珍しかったオンライン通販の会社に無事就職し、そこから自分の人生はウェブ関連一色となりました。

晴れて日本で就職したものの海外生活、海外就職の憧れは強く、1年経ったら海外に転職するという目標を立て、ちょうど1年が過ぎた頃から海外での転職活動をはじめました。その半年後、無事、日本にいながらタイへの転職が決まり晴れて海外就職が実現しました。それから14年、日本、タイ、シンガポールで現地採用、フリーランス、起業を経験し、現在に至ります。

これ以上は長くなるので、また別の機会に紹介させていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です